日焼け止め

飲む日焼止めサプリは、シダ植物から抽出したエキスを配合し【抗酸化作用・免疫防御の作用・細胞DNA保護・皮膚保護】の効果が得られる商品です。塗る日焼け止めとの併用で毛髪、頭皮、眼など塗れない箇所の保護に有効です。

売れ筋ランキング

日焼け止めの商品一覧

  • シェードファクター

    シェードファクター

    シェードファクターは、経口で使用する日焼け止めサプリメントです。 汗で流れ落ちる、塗りムラが出る、敏感な部分には塗る事が出来ないといった、従来塗るだけでは対応しきれなかった日焼け止めクリームよりも、体内に摂取することで効率よく日焼けを防ぐことが出来ます。 紫外線を浴びることで細胞が傷つき、メラニン色素が生み出されるのが日焼けのメカニズムですが、シェードファクターは、紫外線を浴びたときの細胞の悪影響を抑えることで、日焼けを防ぐ仕組みになっています。 日焼け止めクリームと併用する事で、より紫外線から肌を守ります。
    製造:Life Extension

    もっと見る

    1錠25円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • トランサミンカプセル(トラネキサム酸)

    トランサミンカプセル(トラネキサム酸)

    特徴 トランサミンカプセルは第一三共社が開発した肝斑、シミ、そばかすに効果のある薬で、白いカプセル型が特徴です。 当サイトが取り扱っているトランサミンカプセルは、第一三共社が製造・販売している正規品です。 効果 トラネキサム酸は、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑える作用や、炎症を抑える作用があり、これにより美白効果が期待できます。 肝斑、シミ、そばかす、傷などの炎症後色素沈着に効果があります。 副作用 主な副作用には、食欲不振、悪心、下痢、嘔吐、胸やけなどがあげられます。 成分量 日本国内においては錠剤250mg/500mg、カプセル250mgが処方されています。 当サイトではカプセル250mgが購入可能です。
    製造:第一三共(ライセンス)

    もっと見る

    1錠28円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヘリオケアウルトラDカプセル

    ヘリオケアウルトラDカプセル

    ヘリオケアウルトラDカプセルは、シダ植物から抽出したFernblockという特許成分を配合した飲む日焼け止めサプリメントです。 効果は、塗る液体タイプとの併用で紫外線対策を強化でき、また頭皮など日焼け止めが塗れない部分の紫外線対策にも有効です。 ウルトラDは日焼け止め対策・日光浴で不足するビタミンDに加え、ビタミンC、E、リコピン、ルテインを配合し、免疫力のアップ効果も期待できます。
    製造:I.F.Cantabria,S.A.

    もっと見る

    1錠240円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • サンアウェイプラス

    サンアウェイプラス

    サンアウェイプラスは肌に直接貼って、日焼けから肌を守るパッチタイプの日焼け止めサプリメントになります。 日光には紫外線が含まれているため、肌に浴び続けることでシミやシワの原因となります。 日焼けをしたくない方にお薦めの商品となります。 また、サンアウェイプラスはTBS番組、世界比べてみたらで紹介された非常に人気の高い製品です。
    製造:PatchMD

    もっと見る

    1パッチ105円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • BIHAKUENデイクリームSPF30

    BIHAKUENデイクリームSPF30

    デイクリームSPF30は、美白や美肌に有効とされている成分を贅沢に使った美容ケアクリームになります。 SPF30で紫外線などから女性の繊細な肌をしっかり守ってくれ、肌に栄養が行き渡り、高い保湿力が潤いを与えてくれるのでくすみのない透明感のある肌を手に入れることができます。
    製造:Ca Botana International Inc.

    もっと見る

    1個5,000円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • サンセーフRX

    サンセーフRX

    サンセーフRXは、米国発の経口日焼け止めです。 天然植物成分のみで作られているため、安全・安心に使用でき、アンチエイジング効果も期待できるサプリメントです。 サンセーフRXに含まれる天然の抗酸化物質は、Antioxidineという特許成分で、その効果は紫外線からの防御に加え、皮膚保護効果やコラーゲンの保持、DNA細胞の保護という嬉しい効果を併せ持ちます。 また、塗る日焼け止めとの併用で、完璧に近い紫外線予防が可能となります。
    製造:Napa Valley Bioscience

    もっと見る

    1錠81円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヘリオケア・カプセル

    ヘリオケア・カプセル

    ヘリオケアカプセルは、別名「飲む日焼け止め」とも呼ばれる、日焼けによるダメージから肌を守るサプリメントです。 シダ科の植物が持つ強力な抗酸化作用によって、紫外線が及ぼす肌の影響を食い止めてくれます。 通常の日焼け止めクリームは、あくまで外からコーティングするようにして紫外線を防ごうとしますが、このサプリメントでは体の内側から「紫外線に強い状態」を作りだすことが出来ます。
    製造:I.F.Cantabria,S.A.

    もっと見る

    1錠82円~
    在庫あり
    詳細を見る
  • ヘリオケアウルトラジェルSPF90

    ヘリオケアウルトラジェルSPF90

    現在欠品中です。 次回入荷未定 類似商品をご利用ください。サンセーフRX:サンセーフRXは、米国発の経口日焼け止めです。 ・ヘリオケア・カプセル:ヘリオケアカプセルは、別名「飲む日焼け止め」とも呼ばれる、日焼けによるダメージから肌を守るサプリメントです。 ヘリオケアウルトラジェルSPF90は、スペインのIFC-GROUPが開発したジェルタイプの塗る日焼け止めです。 エゾデンダというシダ植物から有効成分を抽出したエキスを配合しています。 農薬や化学薬品未使用の天然成分配合のため、SPFが高値でありながらも肌負担ゼロで、生まれたての赤ちゃんにもご使用頂けます。 特徴は、オイルフリー処方で毛穴に詰まりにくいため、ニキビ肌や脂性肌でもサラサラの使い心地で快適にお使い頂けます。 ※ご注文時期により SPF90または同内容の製品SPF50+が発送となります
    製造:I.F.Cantabria,S.A.

    もっと見る

    14,050円~
    売切れ
    詳細を見る
もっと見る

日焼け止め

紫外線とは

紫外線は肌や髪の毛にダメージを与えたりする太陽光線のことですが、紫外線は毎年、春先から夏にかけて強くなるため対策が必要です。
しかし、極端に対策しすぎると紫外線が不足してしまい、いろいろな病気の原因となります。
人体にとって適度に紫外線を浴びることも必要ですが、いったい紫外線とは人体や肌にどのような影響を与えるのでしょうか。


基礎知識

地表に到達する紫外線には「UVC」と「UVB」と「UVA」と呼ばれる3種類があります。
それぞれ波長の長さに違いがあり、肌や人体に与える影響も変わってきます。
紫外線による人体への影響は、免疫力の低下や、肌の老化、皮膚がん、白内障などがあげられます。

しかし、紫外線を極端にカットすると、ビタミンD不足があげられます。
人体は紫外線を浴びることにより、ビタミンDを体内で合成することができるためです。

紫外線の強さは季節や天候、時刻、またオゾン量によって大きく変化します。
紫外線は夏に強く冬には弱まりますが、これは紫外線が大気層などを通過する距離と関係があります。

例えば日本の場合、太陽が最も近づく夏至の頃には紫外線が大気層を通過する距離が短いため強い紫外線のまま頭上を降り注ぎます。
反対に太陽が最も遠ざかる冬至の頃には紫外線が大気層を通過する距離が長くなるため紫外線も弱まります。
日本では5月、6月頃から紫外線が強くなり、7月、8月には最も強くなります。また、1日の中ではちょうど正午頃が1番紫外線が強くなります。

UVB

UVBの波長は290~320nmあり、太陽から届く紫外線量は約1割以下と少ないものの肌へ強い作用を与えます。
UVBの大部分が表皮で吸収されて短時間でも肌が赤くなるサンバーンや数日後に肌が黒くなるサンタンを引き起こします
炎症が収まる頃に皮膚のメラニン色素が増加して表皮が黒く変化します。
黒く変化した表皮は約1ヶ月のターンオーバーにより剥がれて元の肌色に戻りますが、繰り返しUVBを浴びることにより、シワやしみなどの皮膚の老化を促進する原因となります。
また皮膚がんを誘発することもあります。
そして、UVBを抑える指標としてSPFというものが使用されます。

UVA

UVAの波長は320~400nmあり、太陽から届く紫外線の約9割を占めており、肌の奥深くの真皮まで届き蓄積的なダメージを与えます
雲やガラスを透過するため、くもりの日に室内にいても肌に影響を与えます。
UVAは強い日差しを浴びた直後から肌が黒くなり、肌の弾力の低下やシワ、たるみなど皮膚の老化を促進します。また、すでにできているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もあります。
UVBは夏に比べ冬はおよそ5分の1にまで減るのに対し、UVAは夏に比べ冬の2分の1程度と変動量が少ないため、冬でも充分な紫外線ケアが必要です。
そして、UVAを抑える効果を表す指標として「PA」という言葉が使用されています。

紫外線は肌を老化させる(光老化とは)

紫外線は皮膚に適度に浴びることにより1日に必要なビタミンDが皮膚で生成されて健康維持に役立ちますが、紫外線を長時間、無防備に浴びると肌の光老化が起こります。
光老化とは年齢を重ねて生じる自然老化とは異なり主な原因は紫外線にあります。
実は肌の老化の80%は光老化が原因と言われており、ほとんど紫外線を浴びないお尻などは若い人の肌も歳をとった人の肌もそう変わらない状態です。
紫外線を浴びると皮膚の細胞の遺伝子に傷がついてしまい、必要以上にメラニンを生成してしまい、それが原因で シミとなります。
また、肌のハリを保っているコラーゲン線維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めてしまうため、シワやたるみの原因ともなります。



紫外線

日焼け止めのSPF・PAの意味

日焼け止めやスキンケア商品でよく見かける「SPF」や「PA」という表示。
これは日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標ですが、それぞれの違いを理解することで、利用シーンや肌の悩みに応じて選ぶことが可能です。
日焼け止めやスキンケアを選ぶ上で正しくSPFとPAを理解しましょう。

SPFとは

SPFとは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略で、UVBを防ぐ効果を表す指標です。
紫外線が当たりだしてから日焼けしてしまうまで、人によって個人差がありますが、だいたいの人が15~20分ほどだと言われています。
例えばSPF30の商品ですと、それを30倍遅らせることができるという意味です。
最高値は50で、50を超える製品はSPF50+と表示されます。

PAとは

PAはプロテクショングレイドオブUVAの略で、UVAを防ぐ効果を表す指標です。
PAは+、++、+++、++++の4段階があり、+の数が多いほど紫外線への効果が高いのですが、肌への負担も大きくなります。

塗るタイプの日焼け止め

クリームタイプ ウォータープルーフなどの種類も豊富で1番愛用されています。
保湿力、防水力が高く、効果の持続時間が長いことがメリットですが、肌荒れやニキビの原因となることもあるため、クレンジング剤でしっかりと落とすことが必要です。
ジェルタイプ サラッとした透明のテクスチャーで伸びがよくベタつきが気になる人にお薦めです。
ベタつかず、つけ心地が軽いというメリットもありますが、刺激が強いため敏感肌の人は使用すると肌が荒れてしまうこともあります。
ローションタイプ 肌に優しく、化粧水のような軽いテクスチャで、日々のスキンケアに紫外線対策として使用することができます。
ですが、他の日焼け止めと比べると効果は弱い傾向にあります。
スプレータイプ 背中など手の届かない場所や頭皮、髪の毛に使用することができます。
スプレーするだけですので、時間がなくても使用できることがメリットですが、塗りムラができてしまうため、しっかりとスプレーすることが大切です。
パウダータイプ 1番肌に優しく子供や敏感肌の方、また化粧直しとしても使用することができます。
しかし、汗や水で落ちやすく、保湿力が低いことがデメリットです。


日焼け止めを選ぶ基準

・日常生活、買い物などの軽い外出…SPF10~20、PA+~++
・屋外での軽い運動、レジャー…SPF20~30、PA++~+++
・炎天下での運動、海など…SPF30~50、PA+++~++++

あくまで目安ですが、重要なのは紫外線にあたる時間ではなく、その場所の紫外線の量や自分の体質です。
短時間の外出であっても紫外線が強い場所なら数値が高いものを使用し、2~3時間ごとに塗り直す必要があります。

細かく塗り直すのが面倒な場合は飲む日焼け止めサプリメントとの併用もお薦めです。

日焼け止めの正しい使用方法

まずは容器をよく振ります。

【顔】
日焼け止めを1円硬貨大ほど手のひらに取り、両頬、額、顎、鼻の5箇所に置き丁寧に伸ばしてなじませます。
その後もう一度同量を手に取り重ねづけします。
眉間、まぶた、小鼻のわき、フェイスライン、耳、首の後ろは塗り残しがちになるため、塗り残しのないようにしましょう。

【首】
10円硬貨大ほどを手に取り、数箇所にのせ下から上に向かって手のひらでなじませます。

【体】
足や腕は日焼け止めの容器から直接肌へ線上にたっぷりと出し、手のひらで大きく円を描くように広げむらなくなじませます。

日焼け止めの効果を長続きさせるコツ

日焼け止めの効果をよりキープさせるためには塗り直しがとても大切です。
汗をかいたりした際は、タオルで汗をしっかり拭いた後、必要に応じて塗り直ししましょう。
2~3時間おきにつけ直すことをお薦めします。

日焼け止めサプリメントとは

最近注目されている飲む日焼け止めサプリメントは体の内部から日焼け対策を行うことが可能です。
肌に直接塗るものではないため、汗で流れてしまう心配もありません。

飲む日焼け止めサプリメントの成分は大きく分けると、パイナップルフィトール、シダ植物であるポリポディウム、ニュートロックスサンの3つのタイプがあります。

飲む日焼け止めの効果

飲む日焼け止めは、それぞれの成分により異なりますが、抗酸化作用、紫外線から皮膚を守る、シミの原因となるメラニンの生成を抑制するなどの効果があります。
そして、医薬品ではなく、天然成分を使用しているサプリメントなため安心して飲用することができます。
また、保湿成分が配合されているものや抗酸化作用がある成分が配合されており、日焼け止めだけの効果でなく、エイジングケアとしても飲用することができます。

サプリメントの成分により異なりますが、外出する30分ほど前に1~2錠を引用し、特に日差しの強い日などはその3時間後に1錠を追加して飲用することで紫外線に効果があります。
成分によりアレルギーを持っている方や、4歳以下の子供は使用できないため注意書きを確認してから飲用するようにしましょう。

飲む日焼け止めの副作用

飲む日焼け止めサプリメントの成分は天然由来の成分が使用されていますが、ごくまれに消化不良や皮膚のかゆみなどを起こすことがあるようです。
また、ローズマリーなどのハーブの成分によっては子宮を刺激する働きがあるため、授乳中や妊娠中は飲用することができません。

他のサプリメントと併用しても問題はありませんが、成分によっては高血圧や糖尿病などの持病を持つ方の飲用は控えたほうが良いと注意書きされていることもあります。
気になる場合はかかりつけの医師に相談してから飲用するようにしましょう。そして、4歳以下の子供の飲用もお薦めできません。

口コミ・レビュー

  • 遊ぶよぉ~c(゚∀゚∩)さん (23歳)
    ツイッターで知りました! お薬なびさんならあるんじゃないかな~ってあるやん(。・ω・。) 今年の夏もこれで日焼け防止しながら、良い男食ったるでぇ~( ゚д゚)ノ
  • 夏希さん (24歳)
    梅雨があけたら夏ですねー。毎年海行くんで、日焼け止めは必須! てことで、今回もヘリオケアにお世話になろうかと思ってます!
  • 蛇寡梯紘裄痞慧拿ゐさん (31歳)
    昔はスケーターだったりしたから、バンバン焼いてたんだけど。 結婚して子供も出来てからは焼かなくなった。 クリームとかローションタイプとかジトジトしてイラっとすっから、こういう経口タイプのがいいんだよね
  • emiさん (31歳)
    それほどしみは気にならなくなりました。薄くなったかどうかは、自分でははっきりわからないのですがパートナーに言われたので、これからも続けていきます。
  • カズミさん (32歳)
    美肌ケアのために買いました♪日焼け止め効果で変に黒くなることが減ってきた気がします。もう少し様子を見ながら使いたいです。
  • ガキさん (28歳)
    使用心地がいいです。市販のとは違うかも。SPFが高く日焼け防止できるのに、肌にも優しいのが嬉しいです!今まで使っていた日焼け止めは、塗ってもすぐによれたり、落ちたりして日焼けしたこともあったけど、これならしないと思います。
  • マコさん (29歳)
    おすすめの日焼け止めは何?と聞かれたら、サンセーフRX!日焼け止めクリームも一緒に使えば完璧☆絶対に焼けたくないから、冬でもこのサプリを飲むことがあるし、夏場だとほぼ毎日飲んでます。そんなに日差しが強くない時はサプリだけ。海行ったり、日差しが強い日は日焼け止めクリームも使っているので、沖縄に住んでるけど色白な方だと思います♪
  • アリアさん (32歳)
    意識して日に当たらないように対策はしてましたが、少し前に頬と目元のあたりにシミが何個かでてきました。日差しが強いからか対策が足りなかったようです。ですが早めに対処すれば間に合うと思い、このトランサミンカプセルを買いました。海外から届くってありましたが、意外と普通の日数で届いたので、あまり気にしなかったです。ただ私は待つのある程度OKな人なので、そこは考えて買ったほうがいいです。今継続中です。
  • アキネさん (30歳)
    冬でも残暑のような暑さが来るときもある南の方に住んでいるので、冬でもヘリオケアカプセルは必需品ですね。
  • 美白さん (29歳)
    体の中から日焼けに対するケアをしたくてヘリオケアウルトラDカプセル飲んでいます。前にもまして色が白くなりましたよw。

最近チェックした商品

    %%CHECKED_ITEMS%%
上へ